いやな世の中になりましたなあ あまりにも短絡的な人たち

2018年4月14日ライフ

ここんとこ腹の立つ事件が多く、銃に関する事件もあった。

自身が銃を所持していることもあり一度深く考えてみようと思う。

1.あおり運転後の暴力

33歳男を殺人未遂容疑で逮捕 愛知県警

愛知県日進市の東名高速道路で2月、大型トラックを運転していた茨城県の男性会社員(43)が後続の乗用車の男に停車させられたうえ、殴られて重傷を負った事件で、県警愛知署は3日、名古屋市守山区西城1、自称解体業、堤義道容疑者(33)を殺人未遂容疑で逮捕した。「殺意は無かった」と容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は2月21日午前2時ごろ、日進市北新町の東名高速道路下り線でトラックを追い抜いた後、進路をふさぐように走って停車させ、トラックを降りた男性会社員に対し、模造刀のようなもので殴るなどし、右膝の骨折など全治6週間のけがをさせたとしている。

毎日新聞より

「殺意はなかった」だと!ドライブレコーダーの映像が流れていたけど、「殺すぞ」って言ってたじゃないか!アホか!!

仮に口先だけの威嚇だってとして実際に「殺意はなかった」としても、被害者を柔道のように足を掛けてアスファルトに倒している、頭の打ち所が悪ければ死ぬぞ!

自分の行為の先に「死」の可能性があることが想像できんのか、バカタレ

僕も何度か「あおり運転」をされたことがあります。

その一例として

バイクに乗ってて前の車に普通について行ってたら(通常だったら割り込みはできないくらいの車間)、後ろからすごい勢いで来た車が僕のすぐ横をかすめて抜いていき、その瞬間タイヤが鳴るくらい急ブレーキをされました。明らかにこちらをこかせようとしているような素振

ほんま何を考えてんだか・・・頭が悪いとしか思えません。

2.警官の射殺事件

銃弾、頭部を貫通 至近距離から狙う?

滋賀県彦根市の同県警彦根署河瀬駅前交番で11日夜、男性巡査(19)が上司の井本光(あきら)巡査部長(41)を拳銃で射殺したとされる事件で、発射した2発のうち1発は頭部を貫通していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。明確な殺意を持って至近距離から殺害した可能性があるとみて調べている。

毎日新聞より

これもあまりにも短絡的、自分が抑えられないとかそういう問題じゃないと思う。

僕の考え

腹が立っても、自然にもしくは自分をコントロールして心にブレーキ(特に「死」に対して)が掛かかるのが通常だと僕は思うが、最近の若者(僕より年下という意味)はその部分が低下しているように感じられる。

その要因として僕の思うところは

想像力の欠如

どの程度のことで人が死ぬかすら想像できていない。

短絡的に人を刺す事件があったりするが、ナイフで自分の指すら切ったことのない人間が起こした事件なんだろうと僕は勝手に思っている。

ナイフで切った痛みを経験していれば、腹を刺したらとんでもなく痛いっていうのは想像できるじゃなかろうか、怖くてそんなことできないはず。

過保護に育てられた

モンスターペアレントという言葉があるように、過保護にされ過ぎで育った。

そのため怒られるのに慣れていない、そんなわがままな親の背中を見てるので自分もわがまま放題で人の気持ちが分からない。

自分の気持ちの抑え方が分からなく短絡的。

賢くなった

例えば「少年法で守られているから犯罪をしてもいい」とか、他にもネットで調べれば法の抜け穴とか一杯でてきますがそんなのを逆手にとって行っている人たちも多い、ずる賢くなってきていると思う。

と思えば、自分がやった迷惑行為や犯罪行為をSNSやyoutubeであげてて、そんなんあげたらすぐバレるやんってアホな人もいる。これは先に言った「想像力の欠如」なんでしょう

まとめ

銃を持っている以上、人がいるかも知れないという「想像力」もっての矢先確認、そして冷静を保ち「短絡的な行動」を行わないよう気をつけたいものです。

まともに生活している人が「バカを見る」世の中にはなって欲しくないものです。

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村