足の爪にかけられた富士山の呪い、登山3ヶ月後に爪が剥がれたその原因

ライフノウハウ, 失敗談

富士山の呪い アイキャッチ

こんばんわ~、さくらんぼ~です。

両足の親指の爪が剥がれた

まずはあまり美しくない写真からです。

右足の親指の爪
右足の親指の爪
左足の親指の爪
左足の親指の爪

今年の夏休みに富士山登山(記事:大変でした!猟師さくらんぼーの富士山登山)に行ってきました。

この写真は一緒に行っていた相方の足なのですが、どうやら富士山の呪い『足の爪3ヶ月殺し』をくらったようです。

爪が剥がれるまで

爪が黒くなる

登山が終わって数日後、足の親指の爪部分が黒くなる。

僕
ただの内出血だと思い、写真は撮ってませぬ

2ヶ月くらいで爪がパカパカしはじめる

黒さはいつしか無くなってきて、2ヶ月くらいで爪がパカパカしはじめる

爪がパカパカ浮いている
爪がパカパカ浮いている

日が経つごとにパカパカも大きくなって

3ヶ月くらいで爪が剥がれる

3ヶ月くらいすると自然に爪が剥がれました。

その下には新しい爪がすでに生えていますが、かなり薄い状態。

爪が剥がれた
爪が剥がれた

原因

実際に登山した時間は登り8時間、下り4時間でした。

登りでは足へのダメージはそれほど感じませんでしたが、下りでは足への衝撃が膝にきており、僕は痛みをガマンしながらの下山でした。

後に足の爪が剥がれることになった相方は、下っている途中からつま先がかなり痛いとのこと、下りでつま先が痛むのは靴の紐の締めがゆるく、つま先が靴内部に当たってしまっている可能性がある。

紐の締めなおしをアドバイスしましたが、痛みがなくなることはなかったみたいです。

おそらく、この時点ですでに爪は死んでしまっていたのでしょう。

 

  • 下山の際は靴紐の緩みは禁物、しっかりと締めること

関連記事:大変でした!猟師さくらんぼーの富士山登山

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村