ちょっと失敗!ヌートリアの毛皮のなめし だけど手触り最高!!

こんにちは,さくらんぼーです。

2019年度の猟期で獲ったヌートリア、手触りが良かったその毛皮をなめしました。

なめしの方法としてはクロムなめし、のうしょうなめし、タンニンなめしなどありますが、家庭でも簡単にできるミョウバンなめしです。

道具

生ミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)

食塩

食塩

ヘラ

皮の内側の肉片や脂肪を除去するためのもの、100均のヘラを改造
①角で皮を突き破らないようにヤスリで丸くする
②先端は鉄板をプレスで打ち抜いただけだったので、砥石で研いでとがらせる(皮に穴が開かないように、ナイフほど鋭利にはしないこと)

木枠

皮を乾かすときに使う木枠

クギ

皮を木枠に打ち付けるためのに小さめのクギを準備

皮が丸ごと入る容器

ミョウバン水溶液に漬け込むときに使う容器、あまり大きいものだと溶液がたくさん必要になるので、皮がちょうど入るくらいの大きさがベター

トロ船

脂肪の除去などはこの中で作業

新聞紙

毛皮に塩をして保存する時に使用

サランラップ

毛皮に塩をして保存する時に使用

弱酸性洗剤

脂肪の除去をする時に使用

ゴミ箱

脂肪の除去をする時の台として使用

ペット用クシ

毛並みを整えるために使用

靴クリーム

皮が硬くならないようになじませるために準備


ヌートリアの皮をなめす

ヌートリアの皮の内側に塩をする

猟期中の休日は忙しく、猟期が明けてからなめすつもりでした。

生皮のままだと傷んでしまうので、塩をして冷凍保存します。

  1. ヌートリアの皮の内側を上にして、広げた新聞紙の上に置く。
  2. 皮の内側にたっぷりの食塩をまんべんなくすり込む。
  3. 新聞紙ごと皮とクルクルと巻いて、サランラップで巻く。
    ラップに巻いたヌートリアの皮
  4. 冷凍庫で保存。
ポイント

塩をすることで肉片・脂肪が硬くなり、後の除去がしやすくなるメリットもあります

次の工程は2か月後!!次のページにて

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です