おいしい? エアライフルで獲った兵庫県産ヌートリアを食べた結果

前回ヌートリアを獲ったという記事を上げました、今回は獲ったヌートリアの実食編。

狩猟漫画の山賊ダイアリーではおいしいと書かれていましたが、どんな味なのでしょうか?

エアライフルで初の獣 兵庫県産ヌートリア!解体の事前準備が大事

2020年1月12日

一番初めに獲ったヌートリア

家に持ち帰り重さを測る

持った感覚では10kgかそれより少し軽いくらいかなと、気になっていた重さ

持って帰る前に内臓とか除去してしまっているため、全体の重さは分からないが体重計で測ってみる。

ヌートリアの肉と骨4kg ヌートリアの皮1kg
  • 肉(頭、尻尾、内臓、皮は無し、骨は付いている状態):4.0kg
  • 皮(尻尾と頭部の皮は無し):1.0kg

可食部は半分の2kgくらいになるのかな?

スポンサーリンク

ヌートリアを捌く

これが背ロース、あと首の肉。

ヌートリアの背ロースと首

前足、後ろ脚とバラ。臭さの原因といわれる腹膜をバラから剥がそうとしたが、難しかったため付いたまま。

ヌートリアの前足、後ろ足、バラ

残った骨

ヌートリアの骨

スペアリブがもったいなので、腹膜が付いたまま取り外す。

ヌートリアのスペアリブを追加

半身分ほどの肉を食べやすいサイズにカット。

ヌートリアの肉を食べやすくカット

ヌートリアを獲った初日 塩コショウ炒め

まずは味見用に調理してみる。

モモと、臭うかもしれないバラとスペアリブを少量、シンプルに塩コショウで炒めてみる。

ヌートリアをフライパンで炒める

バラとモモ。鳥モモのような感じで美味しいです。獣臭いとは違い、草っぽい臭いがしているような感じ。

ヌートリアの塩コショウ炒めモモとバラ

スペアリブは、腹膜の部分?がちょっと臭うと相方が言ってました。(僕は気にならず)

ヌートリアの塩コショウ炒めスペアリブ

塩コショウのみで十分旨いとうことが分かったので、増量して食しました。

ヌートリアの塩コショウ炒めを追加

ちゃんと火を通したいので、長めに焼きましたがシカ肉のようにボソボソになったり、固くなったりしてません。

ラフな焼き方でも美味しくできるのがいいですね。

総じてお肉の味は、山賊ダイアリーに書いてあった内容に近いです。

山賊ダイアリーのヌートリアを食べるシーン

山賊ダイアリー5巻 93ページより引用

 

 

ヌートリアを獲って2日目 ヌートリアの唐揚げ

ヌートリアが鳥モモ肉に似ていることが分かった、なら唐揚げにすれば鳥モモ唐揚げのようになるのでは?

大きめのぶつ切りにしたヌートリアのモモに塩コショウし。

ぶつ切りにしたヌートリアのモモ肉

小麦粉と片栗粉を1:1で混ぜた物を衣としてまぶす。

ヌートリアのモモ肉に衣をまぶす

んで、揚げる。

ヌートリアのモモ肉を揚げる

ヌートリアの唐揚げ完成。

ヌートリアの唐揚げ完成

衣で包んでいるぶん、臭いが閉じ込められ若干臭うかも、それよりも肉がだいぶ硬くなっていたのが気になります。

調理のせいなのか、生肉で1日置いていたせいなのか・・・・?

スポンサーリンク

ヌートリアを獲って3日目 再びヌートリアの塩コショウ炒め おろしポン酢で

硬くなったのが調理方法のせいなのか、時間のせいなのか気になるので再度塩コショウで炒めてみよう。

味変で大根おろしとポン酢とかも

再度ヌートリアの塩コショウ炒め

3日目の塩コショウで炒めは硬くなかったので、どうやら唐揚げにすることで硬くなったようです。(加熱温度が高すぎ?)

スペアリブは塩コショウをして、コンロのグリルに入れて弱火で15分ほど焼いてみました。

ヌートリアのスペアリブ

これはビーフジャーキーっぽい♪

3日連続で晩御飯はヌートリア飯となりましたが、まだ肉は残っているので残りは真空パックして冷凍庫へ。

スポンサーリンク

2匹目3匹目のヌートリア

重さは測ってないですが、だいぶお肉の量が少なかったですね。

真空パックにして猟期後にでもキャンプ仲間に食べさせてみようと思います。

嫌がるかな?
反応が楽しみです♪

また1匹目のヌートリア皮は持って帰ったものの、解体に慣れていなかったため綺麗に剥がせていなかったので、重さを測っただけで捨てました。

後から獲ったヌートリアの皮(1匹分)は皮のなめしに挑戦してみようと思います。

今は、身の方に多めに塩を振って、新聞紙ごとくるくる巻いて、さらにラップでグルグルに巻いた状態で冷凍庫に突っ込んでおります。

エアライフルで初の獣 兵庫県産ヌートリア!解体の事前準備が大事

2020年1月12日

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です