剣鉈フクロナガサのオートロック付き鞘をカイデックスで自作 

こんにちは!さくらんぼーです。

僕はフクロナガサ(袋ナガサ)を持っていて、安全に使えるようにツバや滑り止めを付けてフクロナガサ自身はカスタムしていてます。

フクロナガサアイキャッチ

そして、フクロナガサに付いているデフォルトの鞘(シース)は、古風な見た目でこれはこれでカッコイイのですが、いろいろ気になる部分があります。

フクロナガサの鞘のイマイチなところ

携帯して歩くと音がする

鞘は木材でできており、刃との隙間が大きいので腰に下げて歩くとカタカタと音がします。

猟の時には音は立てたくないし、なにより耳障り。このイマイチポイントは多くの方が言っています。

分厚い

木材でできているため、強度をもたせるように分厚めになっているのでしょう。腰に下げると邪魔。

抜け止めがイマイチ

僕が持っているフクロナガサは8寸の物で、7寸以上の長さのフクロナガサの鞘には革ベルトでできた抜け止めが付いています。これには何個もイマイチポイントがあります。

このベルトは柄に巻き付けてホックで止める構造、テーパーがついた柄に巻き付けるので、抜け落ちるまではないがだんだん緩んでくる。緩むと鞘から刃がのぞいてきて危ない。

デフォルトの鞘の抜け止めは緩んで刃が覗いてくる

鞘に納めるときにはこの皮ベルトをよけるように左手を添える必要があり危なく、しかもホックを止めるのも片手では難しい。

デフォルトの鞘の抜け止めが邪魔

これら鞘のイマイチポイントをなくすために、かつてより自作したいと思っていてカイデックス(Kydex)という樹脂シートが目にとまりました。

初めてのことなので、いきなりフクロナガサの大きさにチャレンジするのは失敗して材料を無駄にリスクがあるので、まずは小型のナイフ用の鞘を作ったのが下の記事。

前回作ったことでカイデックスの軟らかさとか自作する上での勘どころがなんとなく分かってきました。

あとはどんな形状にするか・・・と悶々とする日々。

カイデックスのシートにフクロナガサを当てがって材料取りを考えたり、ベルトへの通し方を考えたり、抜け止めの構造を考えたり。

で、やっと頭の中では形状が固まってきたので自作を開始です。

フクロナガサの鞘の自作に使った材料や工具

まずは使った材料や工具の紹介

材料

カイデックス(Kydex)

前回使った300×300×2mmの残りで、300×180mmくらいだったかな。

ベルトクリップ

これはネジとセットになったものを購入

ハトメ

ハトメはカシメ器とセットになった物を購入。僕はアリエクスプレスで買いましたが、下のような物。

工具

カイデックス成型用プレス

これは前回自作した物

カイデックス成型用プレス

L型クランプ

カイデックス成型用プレスを使う時に締め込むために使用

プラスチック用カッター

材料のカイデックスを直線状に割る時の切れ目をいれるための物。前回に鞘を作る時には持っていなかったのですが、失敗して材料を無駄にしたくなかったので今回購入。

プラスチック用ノコギリ

材料のカイデックスを切るときに使用。前回は木を切る用のノコギリを使っていましたが、同じように失敗するのを恐れて購入。

ヒートガン

カイデックスを熱っして柔らかくするために使用、ドライヤーでも代用できるかもしれませんが、ダイヤルで温度の調節もできるし専用の方が無難かと。

電動ドリル

ハトメ用の穴を開けるために必要。

僕はブラックアンドデッカー、先端のパーツを変えれば色んな工具として使えるので色んな自作で活躍しています。

組ヤスリ

最後に形や端面を整えるために使用。

ルーター

ノコギリでは切れない入り組んだところを切るのに使用、削るのも得意。

その他

マスキングテープ

カイデックスとフクロナガサとの間にすき間を作るために使用。幅が広めの方が作業しやすいので24mmで。

塩ビパイプ用接着剤

二つ折りにしたカイデックスを開かないように接着するために使用。

ロックタイト

ベルトクリップを固定するネジの緩み止めに使用。

ノギス

ハトメの直径を念のため測るのに使用。汎用性が高いので一家に一つは置いておくとGOOD。

次のページから鞘を作っていきます。

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です