わなフェスティバル 来年はガンバル

わなフェスティバルアイキャッチ
スポンサーリンク

おすっ!さくらんぼーです。

先日、射撃場である猟師さんに話しかれられました。その方は罠猟もされるようで

「わなフェスティバルに行ってきたでー」

とのこと、マイペースに話し続けるその方の話しを聞いてみると

  • どうやらイノシシ・シカが食べられるらしい
  • どうやら罠がもらえるらしい

僕は罠猟の免許も持ってはいますが会社勤めで、街に住んでおり毎日の罠見回りができないため、狩猟者登録はしていません。

定年後は可猟区近くに住んで、獣との知恵比べをやってみたいですね。

あ~宝くじでも当たらんもんかなあ、会社辞めて田舎に引っ越すのに~。宝くじ買わない人だけど・・・

わなフェスティバルが気になったので、家に帰ってさっそく調べると

わなフェスティバルとは

大阪府猟友会が主催のイベントでした。平成 29 年度わなフェスティバル開催のご案内 pdfを見ると

  • 日時:平成 29 年 10 月 24 日(火) 午前 9 時 30 分集合
  • 場所:高槻国際射撃場
  • 申込み締切日:平成 29 年 10 月 13 日(金)
  • 定員:先着 100 名(わなの作成体験)、見学のみは定員なし
  • 費用:3,500円、見学のみ1,000円
  • 昼食:イノシシ、シカ肉の焼肉予定(全員)

となっており、内容は

  • くくりわなを作成する実技指導(自分で作成したわなを持ち帰る)
  • イノシシ、シカの解体。特殊な技術によるイノシシ、シカの解体(一滴の血も皿に残らない捌き方)
  • クレー射撃を見学(模範射撃、散弾銃を用いて行う)

おおっ!これは楽しそうじゃないですか!

罠猟のノウハウも聞けるようだし、解体の勉強もできる。

特に「一滴の血も皿に残らない捌き方」とはなんぞや??キャトルミューティレーションか??これは気なるぞ!!

平日開催なので会社を休まないといけないが、なんとか仕事の都合をつけて来年は是非行きたいです。

兵庫県猟友会の所属でも参加可能が聞いとかないとあきませんね。(来年の募集の時期にイベントの事を思い出せれば良いのですが・・・)

本記事以降の関連記事

わなフェスティバル2018アイキャッチ

わなフェスティバル2018 罠の作成と腹いっぱいのジビエ

2018年10月31日

速報!!わなフェスティバル開催情報

2018年9月28日

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングupが僕のモチベーションになります。
清き1日1ポチを~(_ _)

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6 件のコメント

  • わなフェスティバル行きましたよ!
    罠作成すると解体見れませんでした…
    狩猟免許持っていなくても参加可能で、もちろん猟友会に入っていなくても参加可能です。
    奈良から来てた方もいらっしゃいました。

    解体した肉は解体後いただけます。
    猪はすぐに無くなっていました…
    罠作成申し込んだことを悔やみました(笑)
    でも、鹿の肉はいただきましたよ!
    猟師さん達、鹿はいらんって(;^_^A

    昼食の焼肉はエゾシカの焼肉でした。
    パンに肉と野菜を挟んで食べる感じで。
    とても美味しかったです。前年までは鹿肉サンドイッチだったそうですが、BBQ形式になってました。

    • あおちゃんさん
      いろいろ詳細な情報ありがとうございます。誰でも行けるっていうのがいいですね。
      いつから募集が始まるか分からないので、猟友会のHPをチェックしとかないと・・・(忘れそうで不安)

      罠の講習と同じタイミングで解体なんですね。
      来年度のプログラムがどうなるかは分からないけど、キャトルミューティレーションが気になるんで解体の方を優先したいですね。

      • さくらんぼーさん

        解体は動画撮影禁止でした。
        解体後のマダニの多さにゾッとしました(笑)

        僕自身、狩猟免許取得しておりません。
        ジビエに興味があるのと、友人が狩猟免許を取ったとのことで解体手伝えたらと思って参加したんですが、まさかの罠と解体同時進行だったので(苦笑)
        作った罠は友人にプレゼントしました。

        捕獲後、自分で責任もって処理できるのなら罠猟なりエアライフルなりやってみたいとは思います。

        • あおちゃんさん
          血が一滴も出ないのはダニが血を全部吸ってるからだったりして(笑)
          どうでした?ふれこみ通り血は出てなさそうだったでしょうか?

          上手下手はあるとは思いますが、エアライフルのメインターゲットである鳥の処理は結構簡単ですよ。
          羽根をむしるのがめんどくさいですけど。

          • さくらんぼーさん

            恐らく川に浸かって血抜きした個体でやってましたから目立った血は確認できませんでしたが…
            作業されてた方の軍手は真っ赤でした(笑)
            見たのはほとんど終わりの頃だったので疲れてはったかも(苦笑)

            マガモは一度解体しましたよ!
            羽根むしるのが面倒くさかったです。
            鴨ワックス(蝋)使えば簡単みたいですね~

          • あおちゃんさん
            血が一滴もでないのは軍手に吸わせるってことだったんかもしれないですね。(笑)
            おむつとかに使われている高吸収ポリマーが入った軍手を使って・・・なわけないか

            鴨の解体の経験者だったらエアライフルいけますやん♪

            鴨ワックス気になってますが、結構高いですもんね。
            むしった後の羽根を煮出してワックスを回収すると減りが少ないようですが、
            それでもなんかランニングコストが高そうな気がして手が出せてません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください