マスタースロークッカーで成功 初の低温調理はローストシカ

2018年4月25日キャンプ/キャンプツーリングこんだて, ジビエ, 調理道具

低温調理器「マスタースロークッカー」をゲットしてわくわくのさくらんぼーです。

関連記事:ジビエをおいしく低温調理!選んだのはマスタースロークッカー

実は仲間達とキャンプをすることになっていて、「マスタースロークッカー」が届いたのはちょうどその前日でした。

100V電源があるバンガローを借りることになっていたので、ここでデビューさせることに・・・

低温調理 初メニューはローストシカ

初メニューは先輩猟師からいただいたシカの後足を1本!

シカの後足
シカの後足
くどいけどシカの後足
くどいけどシカの後足

を、ローストシカにします!

精肉

前回にシカの精肉方法を教えてもらったことを思い出しながら、バンガロー内で精肉しました。

せっせと精肉
せっせと精肉
せっせと精肉
精肉完了!

おおまかに「内モモ」「外モモ」「シンタマ」「スネ」となっています。

あと小さい肉が6個ほど写ってますが、筋膜?筋?で剥がしていくとどんどん細分化されて出てきた肉、どこまで筋膜・筋の除去をするものなんでしょうか?

「シンタマ」はこの丸っこいやつ・・・のはず?

表面をロースト

塩コショウをして、ローズマリーと一緒にスキレットで表面を焼く

ローズマリーと塩コショウ
ローズマリーと塩コショウ
スキレットで焼く
スキレットで表面を焼く

焼くのを低温調理の前or後のどちらにしようかと迷ったが、低温調理中の雑菌の増殖を予防するためには先に焼いて表面の殺菌をするべきと判断、先に焼きました。

あとで発覚したことだが、ニンニクを入れるのを忘れてます。この時点でみんなアルコールが入ってて、だれも気付かず・・・・

マスタースロークッカーで低温調理

そのあとジッパー付きの袋に入れて鍋にIN!

ジッパー付き袋にIN
ジッパー付き袋にIN

ジッパー付きの袋を買うときに「マチ付き」の物があったのでそれを選択しました、ブロック肉を入れる時に収まりがよいと思ったためです。

鍋にIN
鍋にIN

「マスタースロークッカー」で水の状態から暖めると時間がかかるので、あらかじめコンロなどで水を温めておくと効率よく調理できます。

スタート
スタート

温度と時間は仲間達と相談して55.5℃×3時間としました。(なんか先日TVで低温調理器でローストビーフをやってたそうで)

あとは調理物が浮かんでこないようにするためと、湯温の安定化のために、そこらへんにあった蓋を重石にして、スタート!!!

その間別の料理の準備をしながら、酒を飲みつつ雑談を・・・すると

「ジビエやし、安全をみてもうちょっと時間長くしない?」という声

「そだね~」ってことでプラス1時間して、55.5℃×4時間で調理した断面がこれ!

ローストシカ断面
ローストシカ断面

火はちゃんと通ってそうで、いい感じです♪

さあみんなで、いただきまーす!

「内モモ(多分)」はとても軟らかく、しっとりとした仕上がり。ねっとりと味が口に広がる感じで、少しレバーっぽいって言うのが僕を含めみんなの感想。

「シンタマ(これは多分間違いない)」は「内モモ」よりはしっかりとした噛み応え、ビーフに近い感じという人もいました。噛んでると旨みが出てくる感じで、僕は「シンタマ」に一票です。

「外モモ(多分)」については、食い散らかしてた「内モモ」「シンタマ」と混ざってしまい、どれが「外モモ」か分からず・・・みんな酔っ払い

みんなうまい言いいながら食べてましたので、「マスタースロークッカー」を買って間違いなかったと確信しました♪

おまけ

ローストシカが余ったので、翌朝の朝ごはんはオープンサンドにして、おいしくいただきました。

翌朝はオープンサンドで
翌朝はオープンサンドで

次はカモロースで低温調理してみたいですねえ。

本記事以前の関連記事

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村