エアライフルでのカモ猟 バイタルゾーンと狙う部位を考察

バイタルゾーン考察

こんばんは~、さくらんぼーです。

今期はなかなかカモが獲れてません。

一旦猟を休止し、自分の猟のやり方について考え直していたのが1月上旬

その中、カモの狙う部位について自分なりに整理していました。

それは当たりやすく、半矢になりにくい部位。

バイタルゾーン

半矢にならない部位を考える上で知っておかないといけないのが、バイタルゾーン。

バイタルゾーンとは、その部位に破壊すれば即死となる部分のことで、

脳・脊髄・心臓・肺がバイタルゾーンにあたり、ここ以外の部位に当たると半矢になる可能性が上がります。

自分なりに狙う部位を考えてみた

これまでカモを解体をして内臓の付き方がだいぶ分かってきました。

それらを考慮して狙う部位のメリット・デメリットを僕なりにまとめると

(マガモカモ・カルガモが横向きでいる場合)

狙う箇所
狙う部位 メリット デメリット
  • 当たれば即死
  • 可食部は無傷
  • 的が小さい
  • 当たれば即死
  • 可食部は無傷
  • 的が細すぎ
背中
  • 脊髄、または背骨にはり付いている肺に当たれば絶命の可能性がある
  • 的はそれなりに大きい
  • 心臓に当たる可能性もあり
  • 最悪羽を砕いて半矢
  • 固い羽の骨に当たり、羽の骨を砕くだけで半矢になる可能性がある
  • 的はそれなりの大きい
  • ズレて心臓に当たる可能性あり?
  • おいしい胸肉に穴が開く
  • ほぼ筋肉だけなので、多分半矢にしかならない
  • 胸肉の奥の内蔵は固い胸骨に包まれている
腹とか尻
  • 的はそれなりに大きい
  • バイタルゾーンがない
  • 腸を破壊し、細菌拡散の恐れ
  • 上記より狙う意味無し

腹とか即死にならないでしょうし、半矢で逃げていった先で苦しみながら死ぬ可能性があるので、狙う意味なし。

胸は的が大きく、固い羽に覆われていないので狙ってしまいがちだが、半矢になりがち。

首は羽根をむしったら分かりますが、かなり細く、狙って当たる気がしない。

これらを考慮して、横向きでいるカモを狙う部位については、たちまちの間は次のようにしていこうと思います。

  • 50mより近い場合は頭狙い
  • 50m以上の場合は背中狙い

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングupが僕のモチベーションになります。
清き1日1ポチを~(_ _)

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です