そして僕は猟師になった

そして僕は猟師になった アイキャッチ

こんばんわ!猟とキャンプとブログのことで頭が一杯のさくらんぼーです。

猟師になったきっかけというのは、『身近に猟師がいた』という方が多いのでしょうか?

僕もそれに近い感じで、今回は僕が猟を始めることになったきっかけと準備について、懐かしみながら投稿します。

黎明期

飲食店に行ったときにワニ、スズメ、カエルなど変わったものがあれば注文をするという感じで、以前より珍しい物を食べたいという小さな欲求はなぜかありました。

あるキャンプ場に行った時のこと、そこを管理するお母さんが

お母さん
猟師からイノシシ肉とシカ肉を貰ったから、良かったら食べてください

とブロック肉をいただきました。(このブログを見て、お肉をせびる人が出てきてしまってはお母さんに申し訳ないので、キャンプ場名は伏せておきます。)

ブロック肉だったので、焼肉のサイズにカットして塩コショウして炭火で焼くのですが、この時は野生肉からの感染症についての知識は全くなかったので、何も気にせず調理してました。(お~こわっ)

そしてこの時がシカ肉を初めて食べた時です。(イノシシは牡丹鍋としてお店で食べたことあり)

今思えば、野生肉のブロックを初めて見て・切って・食べたこの時からうっすらとジビエというものを意識していたのかも。

それから日がたった秋、別のキャンプで京都にある『井手町野外活動センター 大正池グリーンパーク』に行った帰りのこと。

昼飯にどっか寄ってから帰ろうかと調べてみると、そのキャンプ場の近くに激安でイノシシラーメンが食べられる店があるとグーグル先生が教えてくれました。その名は『梅本商店』

さっそく行ってみて、イノシシラーメンを注文し食べていると、店主が・・・

店主
猟師にならへんか?

いきなりスカウト!?

猟師が営む店とは知らずに行ってました。ベテラン猟師ともなると、一目で僕の持っている猟師の素質を見抜けるのでしょうか?(o゚Д゚o)恐ろしいスキルだ・・・・・年頃の男性客にはいつもそう言って声を掛けてるんでしょうね

当時の僕は、狩猟免許には『銃猟』『罠猟』『網猟』と別々に存在する、ということすら知らなかったくらい狩猟は僕にとって全く未知の世界。

意図せず、猟師の話が聞ける良い機会となり、店主はちょいちょい自慢話を交えながら色々教えてくれました。

狩猟免許取得や銃の所持許可の流れを大雑把に教えてもらったり、狩猟免許を取るにはちゃんと『狩猟読本』を読むことなど、そして

おにいさん
とりあえず、罠の免許を取ってみたらどうや

と・・・

この時の僕の心境は「銃は怖いから僕の選択肢には入らないなあ、けど罠ならできるかな・・・?面白そうだし」(この時点ではエアライフルの存在は知りません、銃=散弾銃と思ってます)

確信

帰宅してからさっそくネットで罠猟について調査、店主の言っていた狩猟読本やその他書籍を早々に購入

始めに買った本たち

狩猟読本と狩猟免許試験例題集

これらは狩猟免許初心者講習会(県によっては事前講習会とか呼び方が変わります)を受講すること貰えるのですが(後で知りました・・・)、ヤフオクで中古品を入手

山賊ダイアリー

『狩猟』『マンガ』で検索したらヒットした、みんなが知っている(であろう)超有名狩猟マンガで、主人公である作者がエアライフル猟と罠猟をしていきます。

このマンガがきっかけでエアライフル猟の世界を垣間見ることになり、エアライフルのことが頭から離れなくなる次第。

全く知らなかった狩猟について、調べれば調べるほど『やりたい!』『僕でもできるのでは?』と思うようなってくる。

初動

調べていると狩猟は、特に銃猟では費用・時間・責任が伴うため、『本当に自分がやりたいことなのか?』『できることなのか?』など未経験である自分の狩猟に対する甘い考えと、実際とのギャップを埋めるために、猟師・銃砲店・射撃場などに足を運び関係している人に話を聞いたほうが良いというアドバイスがあった。

これらも実行し、初めて射撃場に見学に行き、銃砲店にも数箇所訪問し狩猟の実態とか聞いてきました。

猟師になった今だから分かるが、正しい情報もあれば間違っている情報もありました(その人の勝手な解釈、または更新されていない古い情報)。なので一人の情報を鵜呑みにせず、複数の人に聞いてみるのがよいと思います。

そして僕は猟師になる

このような経緯を経て、後は普通に狩猟免許取得・猟銃所持許可をもらうことになるのですが、この間に一つの巡り会わせが

エアライフルを買うことを決め、『初動』で訪問した銃砲店に再度訪問。

前に狩猟とか、エアライフルについて話を聞きに来た者ですが、エアライフルを買おうと思ってきました。
銃砲店
何にしようと思ってますか?
FXサイクロンにしようと思ってるんですが・・・
銃砲店
ウッドかシンセティック、どちらかこだわりがあります?
(んんっ?)こだわりはないですが、安いのでシンセ・・・

(話の途中で店員が奥に行き)

銃砲店
最近常連さんが手ばなした物があって、お客さんがエアライフルに興味を持っていたので置いといたんですよ
と出てきたのはウッドストックのFXサイクロン!!

ちなみにストックとは銃床のことで銃を構えた時に握る部分であったり肩に当てる部分、ここの材質が木製であればウッドストック、プラスチックであればシンセティックストックといいます。

僕はもともと出費が抑えられる中古銃でよいと思っていましたが、そんなに都合よく出会えることはないとあきらめて新銃を買おうと思い銃砲店を訪れたのです。

そんな状況の中、思いがけず中古銃に出会いしかも程度も良いとのこと、買わない手はない!

そして、運命的な出会いをした愛銃FXサイクロンとともに僕は猟師になりましたとさ。めでたし、めでたし

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングupが僕のモチベーションになります。
清き1日1ポチを~(_ _)

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4 件のコメント

  • お久しぶりです。
    罠フェスタ情報きませんね…今年は色々あったので開催も危うい??
    今回の台風で高槻→亀岡の道路(6号線)通行止めになっていたり…倒木も各地で見ますから状況みてでしょうかね。

    山賊ダイアリー見たら簡単にできそうな気になりますね。
    多少ミスっても大丈夫~って思っちゃいますが、現実はミスが命取り、鉄砲の所持許可が一瞬で無くなったり…周りが良い人ばかりではないですしね。
    ちなみに年齢は44です。

    • やっぱり高槻の山の方はそんなことになっているんですね。
      あおちゃんさんは台風被害は大丈夫でしたか?

      罠フェスタ行く気まんまんなんで、ぜひともイベントを実行して欲しいもんですわ~

      あっ、コメント書きながら思い出しました。山賊ダイアリーSSの2巻もなかなかでないですね~

  • 山賊ダイアリー読みましたよ~
    あれ読むといけそうな気がしますよね。

    僕も鴨食べてみたくなって考えてましたが、銃を所持する責任が自分には重いかな…と考えたり。
    鹿や猪も食べて美味しさも知ったし感染症の事も色々聞きました。

    やるなら罠でとも思ったけど毎日の見回りがネックですね。
    昨年から畑をやりだして時間の余裕がないかも。

    消防団への加入もあり、現状厳しいかなぁ…と思っています。

    本格的に考えるのは子どもが勝手に何でも出来るようになってからかな…

    • あおちゃんさんお久しぶりです。
      やはり山賊ダイアリー読まれてましたか、あのマンガはゆる~く描かれてるんで、僕は自分でもやれるんじゃないかって思っちゃった人間の一人です。
      あおちゃんさんのお歳は分かりませんが、僕としてはもっと早くに狩猟に出会ってたら良かったなあと思っているところです。(今だからそう考えられるのかも知れませんが・・・)

      そういえば、わなフェスティバルの情報がなかなか出てきませんね~、猟友会のHPで日付はチェックしてるんですが、詳細がまだでてきませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です