キャンプでの読書は電子ブックリーダーの方がめっちゃ快適!!

こんばんは!さくらんぼーです。

自然の中で鳥の声や、風の音を聞きながら、ゆっくりと読書をするのもキャンプの楽しみ方のひとつ。

今年の盆休みは涼しいキャンプ場でゆっくりとしようと思い、電子ブックリーダーを初めてキャンプに持って行くことにしました。

実際にキャンプで電子ブックリーダーを使った結果、本やスマートホン・タブレットでより快適だったので紹介します。

スポンサーリンク

本より電子ブックリーダーが勝る点

荷物が小さくてすむ

僕はバイクで行くキャンプツーリングをすることが多いので、持って行ける荷物の量が少ないです。

できるだけ荷物を減らしたいが読書もしたい。

ものにもよりますが、僕の持っているソニー製PRS-350(結構古い)は文庫本とほぼ同じ大きさ、厚みは1cmくらい。

ページ数にもよりますが、文庫本を持っていくより小さいです。

もちろん何冊分もデータを入れることができるので省スペース化に貢献します。

勝手にページがめくられない

屋外で本を読むと、風で勝手にページがめくられるというストレスがありますが、電子ブックリーダーではそんなことはありません。

また読んでいる最中に急に何か別のことをするにしても、しおりを使う必要がないので楽です。

片手で読める

電子ブックリーダーでは片手の操作でページをめくることができるので、本のように両手を使ってページをめくる必要がありません。

なので、空いた方の手で酒を飲んだり、調理をしたり、食べたりと何か別のことをしながら読むことができますね。

電子ブックリーダーとハイボール

電子ブックリーダーとハイボール

スマートホン・タブレットより電子ブックリーダーが勝る点

電池残量をほとんど気にしなくてよい

液晶で表示する機種がほとんどのスマートホン・タブレットと違って、電子ブックリーダーは消費電力の少ない電子ペーパーを使っています。

電池残量をほとんど気にすることなく、ゆっくりと長時間の読書を楽しめます。

電子ペーパーを搭載したスマートホンも出ているようですね

太陽光の反射が少ない

スマートホン・タブレットの表示部表面はガラスなので、太陽光が当たるとギラギラ反射として読みにくいです。

その点、電子ペーパーを使った電子ブックリーダーは反射が少なくて快適。

目に優しい

電子ブックリーダーは液晶画面と異なりバックライトがないため、目に優しいです。

最近気になってきた老眼にも優しいのかな

電子ブックリーダーの弱点

夜は明かりが必要

電子ブックリーダーはバックライトを搭載していないので、夜は明かりがないと読むことはできません。

対して、スマートホン・タブレットはもちろん真っ暗な中でも読むことはできますが、真っ暗な中では瞳孔が開いていますので、目は相当なダメージを受けていることでしょう。

また、本を使って読むときは、どのみち明かりが必要です。

夜に読むということについては、3者とも弱点があるので

引き分けーっ!!

 

中古の本が読めない

安く買える中古の本、こればっかりはどうしようもない。

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です