実践中 安全な猟銃の運び方

2018年1月13日エアライフル猟エアライフル, 狩猟道具

安全な猟銃の運び方 アイキャッチ

こんばんわー、さくらんぼーです。

猟銃を持ち運ぶ際にみなさんはどのような形態にされていますでしょうか?

銃の運び方の形態

他の形態もあるかもしれませんが、僕が浮かぶのは下の3例

  1. 銃ケースのみ
  2. 銃カバーのみ
  3. 銃ケースと銃カバー両方

僕は銃ケースと銃カバーの両方派で、銃カバーに入れたまま銃ケースに入れて車に載せ、車から降りて猟場を歩く際には銃カバーのみです。

その理由

銃ケースのみがダメな理由

銃ケースのみでは猟場にその大きくてかさばるケースを持ったまま行かなければならず邪魔です。

なぜ銃ケースを持って歩くことになるかというと、公道上で猟銃を裸の状態にすることが禁止されているのに対し、

車から降りる際に銃ケースから銃を出す=公道上で裸銃

という状態が必然となるので、銃ケースに入れたまま車を離れて猟場にいくことになります。

銃カバーのみがダメな理由

対し銃カバーはペラペラの布だけなのでそのまま猟場に持って行っても邪魔になりませんが、デメリットとして銃カバーのみだと他人に車内を覗かれた際にそのシルエットで銃であることがバレちゃうかも?

悪い人に目を付けられて襲われて猟銃を奪われるという最悪の事態を避けねばなりません。

銃ケースと銃カバーの両方を使用している理由

上記理由からシルエットを隠すための銃ケースが必要。(急ブレーキなど不意の衝撃にも銃ケースに入れてると安心ですしね)

また歩くときは荷物を減らしたいので銃カバーも必要。

というということで僕は銃ケースと銃カバーの両方派です。めんどくさいですけどね、けど安全のためには手を抜いてはダメ!

他 安全のために実践していること

あと狩猟キャップや狩猟ベストを着たまま車を運転している人がいますが、あれはやめた方がいいでしょう。

「俺、猟銃を持ってるぜー」って周りにアピールしているようなもんです。オレンジ色は獲物だけでなく悪人の目にも良くとまっているはずです。

そして猟師をはじめてからなんとなく分かってきたことが、それは運転の仕方とか車自体を見て「あの車は猟師が乗ってかも?」 とセンサーが働いていることです。

他人も僕を見たときに「あいつ猟師かも・・・」と思われている可能性は十分にあるので、山で車を運転していて後ろに付かれると気持ち悪い、なのでさっさと道を譲って先に行ってもらうようにしてます。

皆さんも安全のために、トラブルに巻き込まれない行動の実践をお願いします。

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村