エアライフル猟の2種類目はコガモ、ソテーしてバルサミコソース

コガモ料理アイキャッチ

またまたやっちゃいました、さくらんぼーです。

コガモを発見

池にてコガモ2羽を発見!

60m程の距離、すぐ横の木に委託し発射!

一発目は外れ!

飛び立たずその場にいたので2発目を発射し人生初のカモをゲット♪

2発目を発射した際に、池にせり出した木の枝の隠れていたカモがたくさん飛び立ったのですが、

よく池を見たつもりなのにあんなに隠れてたんや、って感じでびっくりです。

これまでの出猟でも狙えるところにカモが居たこともあったのだろう、ただ僕が気付いてないだけで・・・

ということで、もっとカモ探索スキルを身につけねばと思った次第です。

木の枝の影を良く見よう、水面の波紋に敏感になろう、カモの好む場所を知ろう・・・

コガモのソテー バルサミコソース

材料

  • コガモ:1羽
  • にんにく:4片
  • ローズマリー:適量
  • オリーブオイル:適当
  • 塩コショウ:勘
  • バルサミコ酢:好みの量
  • しょうゆ:バルサミコ酢と同じ位
  • レモン果汁:いい感じの量
  • 蜂蜜:そこそこ

適当すぎてすみません、調味料の量は味をみながらお好みでお願いします。

ソテー

コガモは小さいので解体せず半分に割って塩コショウ、内蔵のレバー、心臓、ズリも同様に

オリーブオイルでにんにくを炒めて、肉とローズマリーを投入し蓋をして火を通します。

コガモ調理

コガモ調理

両面に焦げ目がついて火が通ったら食材は皿に移しておいて、フライパンに残った油にあらかじめ混ぜておいたバルサミコ酢、しょうゆ、レモン果汁、蜂蜜を投入してソースにします。

ソースは少し煮詰めてから食材にかけて、はい完成!

人生初カモ食べます

せっかくなんで、かっこつけて赤ワインと一緒に食べてみましたよ。

うん、やっぱり火の通し加減が分からずちょっとボソボソかも、けどうまい!凝縮した味ってやつですかね。油と一緒に煮詰めたバルサミコソース これも好きな味ですわ

今後は火加減をなんとかせなダメですね、せっかくの食材の良さを殺す僕の腕を恨みます・・・

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • バルサミコソース美味そうですね!
    岡山で散弾銃を購入、狩猟を始めようと準備中です。
    記事を読んでたら空気銃もいいなあ〜と思いはじめてます

    解体は最初から問題なく出来ましたか?

    これからも、記事を楽しみにしています!

    • 十川 泰さん
      コメントありがとうございます!

      『解体は最初から問題なく出来ましたか?』という質問についてですが、2つ観点から回答します。
      1.技術的なこと
       鳥の解体については獲ってすぐに腸さえ抜いておけば、大きな失敗をすることはないと思います。
       解体自体は書籍を見ながらでなんとかなりました、初めは(今でも)お肉にしたときの見てくれが悪かったりしますが、自分で食べる分には気になりませんしね。
       
      2.精神的なこと
       生き物に刃を入れる、血や内臓をみるのが嫌(怖い)という感情があると思います。(もちろん個人差はあると思います)
       僕は釣りが好きで魚を捌くことに抵抗はなく、狩猟でもその延長の感じです。
       死んだ獲物に刃を入れる時点で、僕としてはお肉(食べ物)という感情のスイッチが入っている感じですね。
       (自分勝手の感情ですが、半矢の鳥を自分の手で締める時はちょっと抵抗があります・・・)

      貴兄のホームページを拝見しました。
      田舎移住、ライフハックなど興味がある内容で勉強になりそうなのでブックマークしちゃいました。
      装薬銃は経験がないですが、空気銃も楽しいですよ♪
      お肉の量が少なくてお腹がなかなか満たされませんが、撃つ機会は装薬銃に比べて多いので。

      これからもよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です