狙うときは両目にすべし

2017年12月19日エアライフル猟エアライフル, 失敗談

狙うときは両目 アイキャッチ

こんにちわ、さくらんぼーです。

先日、初めてヒヨドリを獲ったという投稿をしましたが(記事:ついにやりました!)、そこで少しコツが分かってきたと書きました。

小さくて、落ち着きなくチョコチョコ動き回るヒヨドリを狙うときの、僕なりのコツを書いてみたいと思います。

獲れなかったころの僕

ヒヨドリがよく集まる柿の木があったので、そこでヒヨドリ猟をしている

ヒヨドリが来た! ピーヨ♪

距離は20mほど、スコープを覗く・・・ん? ヒヨドリはどこだ?

肉眼で見るといるのに、スコープを通すと見失う

スコープの倍率を最低の4倍にしているが、スコープから見えるのは柿の実ばかり

今自分がどこを見てるのか分からない、なので一度見失うとどの方向に銃口を動かすとヒヨドリが見えるのか分からない・・・

そしてスコープから目を離して肉眼の両目で確認する→スコープで見る→見失う→両目で確認する

のデスサイクルをしているうちにヒヨドリが鳴いて飛び立つ、の繰り返し。 ピーヨ♪

コツ!

僕のマスターアイ(利き目)は右目なんで右目でスコープを覗きますが、その時左目はつむっていたので、一度極力両目で見ようとしてみることにトライ

すると下のような感じで見え方が変わりました。

左目(肉眼)の映像イメージ
左目(肉眼)の映像イメージ
 
右目(スコープ)のみでの映像イメージ
両目での映像イメージ
両目での映像イメージ

肉眼の左目の広い視野と、スコープ越しの右目の視野がお互いぼんやりと重なった状態で、レティクルもウッスラ見える感じ

この方法で狙いだしてから、ヒヨドリを見失う頻度が減り、かつ早く捕捉できるようになりました。

そして、このやり方をやりだしてからすぐに初めてのヒヨドリが獲れたのである。ヤッホーイ♪

狙いを絞り込む時は左目の映像が邪魔だったりするので、その時は左目を1回ウインクすると、右目の映像の濃度が高めに変わります。

他の方はどのようなやり方をされているのでしょうか?

正しいやり方かどうかは分かりませんが、とりあえずこれでやっていきます。

そろそろヒヨドリに脂がのってきてるかなあ・・・

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村