おのれを目を鍛えろ! ハンターは目が命

2017年10月13日エアライフル猟エアライフル, 狩猟道具

ハンターは目が命

まいど、ペーパーハンターさくらんぼーです。

エアライフル猟をする上で必要なスキルとして、対象物との距離の目測がありますので今回はこれについてお話しますね

なぜ目測が必要か その1 弾は放物線で飛ぶ

まずは弾道とスコープ見え方についての基本から・・・

当たり前ですがエアライフルから発射された弾(ペレット)は地球の重力によって放物線状の軌跡で飛んでいきます。

物理で習いましたよね、斜めに投げられたボールが放物線状で云々ってやつです。(僕は高校の物理でならいましたが、教育のカリキュラムは今でもいっしょなんでしょうか?)

なのでエアライフルに付けたスコープの中心で狙いをつけても距離によって上や下に着弾します。

がんばって描いた下の絵をよ~く見てください。赤い線が弾道で青い線がスコープの中心を延長した線です。

絵ではスコープと銃身が平行ではなく斜めについていますが、説明の便宜上このような絵を描いていますんで誤解なきよう。

実際のスコープは銃に平行になるようについていて、スコープについているノブを回すことでスコープ内部(レティクル)が上下左右に動きます。(※レティクルとはスコープを覗いた時に見える中心を示した線とか点です。いろいろな形がありますが映画やアニメなどでよく見るのは「+」ですかね)

このレティクルを調整することで弾道とスコープの中心を延長した線が交差するようにします。これをゼロインといいます。

この絵では50mとのころにゼロインと書いてますが、50m離れた的に撃った際の着弾点とレティクルの中心とが一致するように、あらかじめ射撃場で調整しておきます。(合わせる距離は50mでなくてもよいですが、50mが主流と思われますので今回は50mとしました。)

絵を見て分かるように、50mより近いと弾はレティクルの中心より上に、遠ければ下に着弾するという訳です。

というわけでターゲットが50mより近ければ下目を狙って、遠ければその逆にするために目測が必要になってきます。

ちなみに撃ち下げ、撃ち上げではともに狙いより上目に着弾しますので覚えておいて下さい。

なぜ目測が必要か その2 ターゲットが小さい

もちろん装薬銃のスラッグ弾(一粒弾)でもさきほど述べたように、弾は放物線を描くため目測は必要ですが、メインのターゲットはイノシシ・鹿なので的が大きいですよね。

それに対してエアライフルで狙えるターゲットは鳥がメインで、あとはうさぎとか小動物ですんで当たるとこが小さいんです。(なもんで一年目である去年は一発も当たりませんでした ボウズです・・・orz )

ましてやバイタルゾーン(急所)となると数センチ着弾がズレるだけで外れてしまいますので、装薬銃に比べ距離を正確に把握し状況に合わせて狙いを上下させなければなりません。

なぜ目測が必要か その3 最大到達距離

猟銃等取扱読本によるとエアライフルで発射された弾(サイズ4.5~5.5mm)の最大到達距離は約310mとなっており、殺傷力はないけどそこまで飛ぶということです、この距離に人や民家などが存在しないことを確認するために必要です。

狩猟免許の実技試験では距離の目測があって目標物の距離を当てなければなりません。(実際は10、30、50、300mの4択でしたが)

狩猟免許を受けた方は分かってると思うんですが、300mって結構遠いですよ~

最大到達距離は約310mと書きましたが、エアライフルごとの性能差や、5.5mmよりサイズの大きい弾を撃てるものもでてきおりさらに遠くまで矢先の確認する必要があると思います。また風の影響など最大到達距離は一概には言えないので注意をお願いします。(最近のエアライフルの性能が良くなっている実態に合わせて、猟銃等取扱読本も改定をした方がよい気がしますがどうなんでしょうか・・・)

さあ、目を鍛えよう

すぐに目測のスキルが目につく(身につく)訳がないので、とりあえずこれを買いました。

レーザーレンジファインダー

ニコン製 レーザーレンジファインダー 「LASER 500G」

500mまで測定できるということで、これにしました。倍率は6倍です。

価格はというと希望小売価格 55,000円(税抜き)!!!

・・・

を7,000円くらいで購入しました。オークションサイトありがたいっすねえ、十年くらい前のモデルのようですが僕には旧モデルで十分でございます。

もちろん猟に行くときは持って行ってますが、暇なときは目を鍛えるために近所の河川敷を散歩しながら「川の鳥との距離を目測⇒レンジファインダーで答え合わせ」をしてます。(注:河川敷には歩行者とかいますので、くれぐれも人の目にレーザーを当てないように注意をしないといけませんね)

鳥の種類を判別する練習にもなりますし、いい練習方法だと思ってやっています。

さあ、目力を付けるぞー

ブログのランキングが上がると励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村