カイデックス(Kydex)でナイフのシースを初めて自作(骨スキ丸偏)

ここからが本番 シース作り

  1. 材料の大きさを決める
    カイデックスにナイフを当てがって切り出す大きさを決めていく。
    外形はあとで削って整えるのと、接着代を残すのためにナイフより10mmくらい大きめにする。
    今回のシースは、半折りにしたカイデックスでナイフを挟んだ形にしていく。
    カイデックスに骨スキ丸を当てて切り出す大きさを決める1
    カイデックスに骨スキ丸を当てて切り出す大きさを決める2 
  2. カイデックスを切る
    ものさしを当てて、カッターナイフで2回ほど切れ目を入れたあと、
    切れ目の反対側にがんばって折れば、パキッと割れる。
    カイデックスにカッターナイフで傷を付ける
    カイデックスを切り出したところ
  3. ロック部分を切り出す
    ナイフからシースが抜け落ちないように、ロック部分を切り出す。
    直線部分はノコギリで切る。
    カイデックスにノコギリで切っていく
    曲線部分は小さな径のドリルで何か所も穴を開けてちぎる。
    カイデックスにドリルで穴を開ける
    あとはヤスリで形を整えて・・・・
    柄のへこみを利用して、ロックができるように予定。
    ロック部分の説明
  4. マスキングテープを巻く
    ナイフとシースとの間に隙間をもたせてナイフが抜けるようするため、マスキングテープを巻く。
    抜き差しをしやすいように、刃の根元は余分に2巻きにしてみた。
    骨スキ丸にマスキングテープを巻く
  5. カイデックスを成型
    カイデックスがフニャフニャになるまでヒートガンで熱してやる。
    めっちゃ熱くなるので、手袋をはめること。

    カイデックスとヒートガン
    冷めて硬くなる前にナイフに合わせて、半折りに
    半折りにしたカイデックスで骨スキ丸を挟む
    急いでカイデックス成型用プレスで挟んで、Fクランプでギュッと圧縮して放置。
    Fクランプでカイデックス成型用プレスを挟む
    5分もあれば硬くなっていました。
    硬化後
    挟んだナイフがズレていたり、半折りがズレていたりと、実はこの成型品ができるまで何度もやり直しています。
    カイデックスは熱をかけると、変形がリセットされて元の形に戻るので、やり直しが簡単。
    シボ(表面のザラザラのこと)もなくならないし使いやすい材料ですね。

  6. ロック部分を成型
    ロック部分だけを加熱して、柄のヘコミに沿わせるように変形させる。
    ロック部分を指で押し当てる
  7. ナイフを抜いて、形を整えていく
    下の写真はノコギリで切ったところ。このあとルーターやヤスリで整えていく。
    粗く外形を切ったところ
  8. 形はできた
    こんな感じです。
    シースの形状ができたところ
    下から見たとこ。
    ロック部が引っかかっているのが分かります。
    シースを下から見たところ
    僕は右利き、ナイフを握った右手の親指でロック部を押しスライドしてやると安全にナイフを抜くことができます。
    シースを親指で押すと抜ける
    シースの全体像
  9. 最期に接着
    けっこうしっかりとできているので、刃が飛び出すことはないと思うが念のため接着をば
    切れ端をくさび代わりにしてちょいと広げて接着剤とチョロっと流し込む。
    くさびを抜いて完了!!
    くさびで隙間を開ける

カイデックスは熱し過ぎに注意!!

別のナイフ、ヘンケルスの果物ナイフ?もシースがなかったのでカイデックスで作っている最中です。

解体用にビクトリノックス、ガーバーのナイフを購入、番外編もあり

2019年12月11日
ヘンケルスの果物ナイフとカイデックスのシース(製作中)

実はこれ、よく見ると

カイデックスの先端に気泡が発生

調子こいて熱し過ぎたせいで、先端がブツブツに気泡が発生してしまいました。

ヒートガンの温度をあなどっていた。熱し過ぎ注意!!

ゴムシートの軟らかさ位まで熱すればOKです。

 

カイデックスでのシース作りは初めてなので、失敗したとしても少しの材料しか使わない小さめのナイフのシースを手始めに作ってみました。

フクロナガサには鞘が付いているのですが、ガタが大きくカタカタ音がするしデカいので、それを作り直すのがカイデックスを買った目的(まだ構想中)。

使いやすくて、かっこいいやつを作りたいね♪

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングUPが僕のモチベUPになります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です