超簡単・激安ガンレストを自作 100均アイテムで超軽量

ガンレストアイキャッチ

こんにちは!さくらんぼーです。

エアライフルをメンテナンスする時、ガンレストがないと何かと不便です。

下のような専用の良い物が売っていて、いつかは買いたいアイテムのひとつです。

欲しいのは山々ですが、愛銃FXサイクロンの所持に始まって狩猟に関連する道具などに出費がかさんでいるので、欲しいのを我慢して自作した物を以前から使用してます。

実はこれまでの記事にも記事にもいくらか写りこんでおり、そのことに気付いた方はいらっしゃいますでしょうか?

下の写真は記事『自分でやるスコープのエアライフル取り付け手順、取り付け精度が大事』の一部

これが個人輸入スコープ『VT-T 6-24×50 SFVF(ディスカバリー製)』の全貌』であったり(ほとんど見えてませんが・・・)

この超簡単・激安ガンレストの作り方を紹介します。

材料および工具

  • 材料:100均の発泡スチロールブロック
  • 工具:カッターナイフ

ガンレストの作り方

エアライフルに合わせてカッターナイフで切っていきます。

発泡スチロールブロック

発泡スチロールブロック

赤線の部分をカッターで切っていく。一部えぐれているのは、愛銃FXサイクロンのコッキングレバーを避けるため。

赤線部分を取り除く

赤線部分を取り除く

取り除く深さはエアライフルを乗せて具合を見ながら切っていき、完成。

完成

完成

実際にFXサイクロンを乗せるとこんな感じ

10分もあれば完成します。

めっちゃ簡単でしょ!
他のエアライルでも同様に作ることができると思います。

一旦話が反れますが

ここで少し話が反れますがエアライフルの形状には大きく2つに分類されます。

1つは僕の持っているFXサイクロンのようなよくあるライフル形状

FXサイクロン 写真:東京銃砲HPより引用

FXサイクロン 写真:東京銃砲HPより引用

2つ目はFXボブキャットのようなブルパップというタイプ、機関部が引き金より後方にあるため同じ銃身長でも全長を短くすることができます。

このメリットとして、ほぼ金属でできている重い機関部が後方(射手に近い)ため、普通のライフルの形状のものより軽く感じます。

FXボブキャットMK2 写真:東京銃砲HPより引用

FXボブキャットMK2 写真:東京銃砲HPより引用

話を戻しますが、このブルパップのタイプのエアライフルは、後ろ気味の重心になっていることと、独特のストック・グリップ形状していることから、この発泡スチロールブロックのガンレストが使えないかも知れません。

重心バランスの良さと取り回しの良さを合わせ持つブルパップのエアライフル欲しいな~

と思っているさくらんぼ~がお届けしました!

関連記事

VT-T 6-24×50 SFVF アイキャッチ

これが個人輸入スコープ『VT-T 6-24×50 SFVF(ディスカバリー製)』の全貌

2018年6月18日
初めての個人輸入アイキャッチ

人柱覚悟! 初めてだらけのスコープ個人輸入

2018年6月15日
スコープ載せ換えアイキャッチ

自分でやるスコープのエアライフル取り付け手順、取り付け精度が大事

2017年11月21日

楽しんでいただけたでしょうか?
ブログ村のランキングupが僕のモチベーションになります。
清き1日1ポチを~(_ _)

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへにほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です